Top >  浮気の慰謝料とは

浮気の慰謝料とは

結婚は法律上の契約関係と見なされますから、浮気をした場合は「契約に違反」したと見なされ、慰謝料を請求することができます。ただし、慰謝料請求を夫や妻、あるいはその愛人に対して行うことは、双方の関係を悪化させるケースが多いようです。浮気の慰謝料を請求するのであれば、法廷闘争や離婚も視野に入れて、かつ、あくまで冷静な姿勢で臨まなくてはなりません。尚、結婚をしていない「婚約中の男女」に関しても、浮気の慰謝料を請求できる場合があります。

浮気の慰謝料は「精神的苦痛」に対して支払う金銭的な賠償です。パートナーの浮気(不貞行為)によって精神的苦痛を受けた場合、その苦痛に対して支払うお金が慰謝料です。浮気以外にも、夫婦間では様々なケースで慰謝料が発生します。例えば、暴力(DV)や罵倒によるショック、離婚により配地位喪失した場合の精神的苦痛などに対して慰謝料が請求できます。詳細については弁護士にご相談ください。

パートナーが浮気(不貞行為)を素直に認め、慰謝料の支払いに応じれば問題はないのですが、支払いの拒否や浮気(不貞行為)の事実を認めない場合、不貞の事実となる証拠が必要になります。証拠として採用されるものとしては、ラブホテルへの出入り写真や、お互いの家に出入りしている写真、泊まりで旅行に行っている写真などが挙げられます。こうした証拠を提示できた場合、相手側が浮気の事実を否認しても、慰謝料の請求が行えます。ただし、それらの証拠が有効なのは3年間なのでご注意ください。

カテゴリー

関連エントリー

浮気の慰謝料とは 浮気の基礎知識 予備知識も覚えておこう 慰謝料の注意点 覚えておきたい重要項目 浮気の慰謝料の金額は 慰謝料を請求する方法 浮気相手に請求 お役立ち豆知識 法律知識