Top >  浮気の基礎知識

浮気の基礎知識

浮気の慰謝料は、支払い方法・約束(取り込め)や金額に関して、その内容を出来るだけ早い段階で書面や公正証書に残しておくことが重要となります。また、浮気(不貞行為)の証拠が揃わない場合は、不貞行為(浮気)が法的に認められず、慰謝料が請求できない可能性もあるので注意してください。しかしながら、浮気の慰謝料を請求するという行為は、法律上ごく正当な要求とされています。浮気が原因で離婚するケースにおいては、必須の損害賠償請求とされていますから積極的な姿勢で臨みましょう。

浮気の慰謝料は、夫や妻だけではなく、浮気相手の男性・女性に対しても請求することができます。ただし、相手が「結婚している事実を一切知らなかった場合」や、婚姻関係にあっても「夫婦関係が破綻している」ような夫婦に関しては、慰謝料の請求が認められない可能性が高まります。愛人に対する慰謝料の相場としては、100万円~200万円程度をお考えください。

浮気の慰謝料請求は法的な手続きですから、詳細は書面にまとめる必要が生じます。後のトラブルを回避するためにも、弁護士や司法書士の協力を得ましょう。口約束だけでは、法的な効果がありませんから、相手側が慰謝料の支払を拒んだ場合、まったくお金を受け取れない可能性もあります。法的法力のある書面(公正証書)で約束を交わせば、強制執行力が生じるため、財産や給料の差し押さえなど、公的な機関による措置をとることも可能になります。

カテゴリー

関連エントリー

浮気の慰謝料とは 浮気の基礎知識 予備知識も覚えておこう 慰謝料の注意点 覚えておきたい重要項目 浮気の慰謝料の金額は 慰謝料を請求する方法 浮気相手に請求 お役立ち豆知識 法律知識