Top >  予備知識も覚えておこう

予備知識も覚えておこう

浮気の慰謝料は配偶者のみならず、その浮気相手にも請求することが可能です。通常、配偶者に対して慰謝料の支払が命じられるケースに関しては、その愛人に対しても支払い義務が認められる場合が多く、両者に対する慰謝料請求をパッケージとして扱っている弁護士も多いようです。ただし、浮気相手が婚姻の事実を知らなかった場合は、例外として責任を間逃れるケースもあるので覚えておきましょう。

浮気の慰謝料の相場は100万円から200万円程度といわれていますが、不貞行為の前科がある場合や、不貞行為が長期間にいたるケースについては金額の加算がなされる可能性が高まります。慰謝料請求というと、法律闘争としてのイメージが強いかもしれませんが、ほとんどの場合は裁判所の介入を得ず、話し合いによる示談が成立します。ただし、当事者同士で話し合うと感情的になり協議がまとまらない可能性が高いので、やはり弁護士や司法書士の協力を仰いだほうが良いでしょう。当事者同士が顔を合わせる必要は無く、こうした専門家を代理人として、内容証明郵便など書面におけるやり取りが可能です。

相手側が浮気の事実を認めない場合は、慰謝料を請求するにあたって何らかの証拠が必要となります。確実に浮気の慰謝料を受け取りたいのであれば、探偵や興信所に依頼して浮気の調査を行なってもらうことをおすすめします。ただし、これらの調査料を慰謝料に加算して請求することはできないので覚えておきましょう。

カテゴリー

関連エントリー

浮気の慰謝料とは 浮気の基礎知識 予備知識も覚えておこう 慰謝料の注意点 覚えておきたい重要項目 浮気の慰謝料の金額は 慰謝料を請求する方法 浮気相手に請求 お役立ち豆知識 法律知識