Top >  浮気の慰謝料の金額は

浮気の慰謝料の金額は

浮気の慰謝料は、「精神的苦痛に対する損害賠償」を目的に請求するものです。ですから、金額は請求する側が自由に決めて構いません。一応の相場としては、数十万円から数百万円というケースが多いですが、裁判所の介入を得ずに当事者同士で話し合って金額を決める場合は、その限りではありません。司法の場では、50万円から500万円が一定の基準となっています。ただし、あくまでケースバイケースなので、浮気によって離婚に至る場合などはさらに高額になる傾向にあります。離婚による心理的・経済的なダメージが大きいと斟酌されるためです。

離婚をする場合は、浮気の慰謝料に加えて財産分与などの問題も絡むため、金額はさらに大きくなります。同時に問題が複雑する場合が多いので、できれば弁護士など専門家の協力を仰ぐようにしましょう。慰謝料を請求する側が金額を提示し、支払う側がその金額を了承した場合、問題は司法の手に委ねられることなく決着します。ただし口約束では支払が保証されませんから、やはり書面などで公式な記録を残すことをおすすめします。

慰謝料を請求し、相手側が支払を拒んだ場合は、通常、弁護士など代理人による協議が行なわれます。裁判に及ぶと双方費用がかさみますから、ほとんどの問題はこの時点で決着します。争った場合に勝算が無い(不貞行為の確かな証拠がある)と相手側が判断すれば、ほとんどのケースで慰謝料の相場に適った金額が支払われます。

浮気の慰謝料について双方(妻か夫)いずれか一方でも異議を唱えた場合、問題は裁判所の介入によって決着します。ただし、裁判の費用などは自己負担になりますから注意が必要です。

カテゴリー

関連エントリー

浮気の慰謝料とは 浮気の基礎知識 予備知識も覚えておこう 慰謝料の注意点 覚えておきたい重要項目 浮気の慰謝料の金額は 慰謝料を請求する方法 浮気相手に請求 お役立ち豆知識 法律知識