Top >  法律知識

法律知識

慰謝料とは、「精神的苦痛に対する損害賠償」として扱われます。つまり、加害者(浮気をした人物)のせいで受けた精神的苦痛に対して、被害者(浮気をされた配偶者)に支払うべき金銭が即ち慰謝料の持つ意味です。法律上、慰謝料請求については、民法の709条・710条で、【不法行為による損害賠償責任は「財産以外の損害」(精神的苦痛)にも及ぶ】と明記されています。浮気もこの「精神的苦痛」をもたらす事由に含まれます。

法律上の夫婦(婚姻関係にある者)には、「貞操義務」=配偶者以外の異性との肉体関係を持たない義務があります。よって、浮気・不倫行為(不貞行為)によって、配偶者(夫・妻)に精神的苦痛をもたらした場合、損害の賠償(浮気の慰謝料)を求めることができます。浮気の慰謝料は、不貞行為が原因となり離婚に至った場合はもちろん、離婚に至らなかった場合でも請求することができます。慰謝料=離婚の手切れ金、と考える方が多いのですが、その点は勘違いをしないようにしてください。また、浮気(不貞行為)は、配偶者と浮気相手との「共同不法行為」となります。よって、慰謝料の請求は配偶者のみならず、浮気相手(愛人)に対しても請求できます。

法律上の「浮気=不貞行為」とは、「配偶者以外の異性と性的関係を結ぶこと」と明記されています。どちらから誘ったかは問題となりません。ただし、キス(接吻)や、手をつないだり、デートや食事、電話・メール・手紙などのやりとりがあっても、肉体関係がなければ不貞行為に認定されません。親密の度合いに関係なく、あくまで肉体関の有無が判断の基準となります。

カテゴリー

関連エントリー

浮気の慰謝料とは 浮気の基礎知識 予備知識も覚えておこう 慰謝料の注意点 覚えておきたい重要項目 浮気の慰謝料の金額は 慰謝料を請求する方法 浮気相手に請求 お役立ち豆知識 法律知識